レビトラの価格を徹底比較

レビトラの価格は、病院で入手するのか、ネット通販で入手するのかで大きく異なります。基本的にはネット通販で購入すると安く購入することは出来ますがその場合にはきちんとした正規品を入手するように心がけなくてはいけません。
レビトラは、専門のクリニックに行けば処方してもらえる薬です。10mgあたりだいたい1500円程度で入手できるのが一般的で保険の適用はありません。保険の適用がある価格というものは存在せず、処方してもらうときには全額本人の自己負担という形で購入することになります。初回の問診の際には非常に安く手に入れることが出来ることが大半であるため、レビトラを一度利用してみてどのような薬なのかを体感することも大切です。
反対に、ネット通販で購入するときには20mgあたりで600円から700円程度の価格で入手できることが一般的です。なぜこのような違いが生じるのかというと、ネット通販で購入できるレビトラはジェネリック医薬品だからです。病院で処方される薬は保険の適用を前提として発売されているため割高になっており、しかも薬の開発として先に開発されたものであるため市場に出回っているような供給量の多い薬とは異なります。対して、ジェネリック医薬品は後発的に開発されたもので一般市場を対象に販売されているものです。日本ではドラッグストアでED治療薬を見かけることはありませんが海外では当たり前のように見かけることが出来ます。供給量が非常に多いため値段も安く、しかもレビトラの後発型の薬なので成分もほとんど変わらないというメリットがあります。
海外からの輸入の際にはどこの誰が販売しているのかを確認してから、安全性を確保できたときに購入しましょう。

レビトラのジェネリックは?

レビトラにはジェネリックが存在していますが、医療機関で購入することはできません。
特許の切れたED治療薬はバイアグラだけであり、医療機関で購入できるのはバイアグラのジェネリックだけです。
それ以外は特許が残っているので、入手する方法は個人輸入しかありません。
個人輸入だと特許の存在しないインド製のレビトラジェネリックを購入することもできます。
その効果は先発薬と変わらないものであり、持続時間・副作用などもほとんど同じです。
レビトラのジェネリックは価格が安いのが魅力であり、1錠200円を下回る価格で販売しているサイトもあります。

医薬品の原価というのは、正規の価格の1割にも満たないのです。
原料自体は非常に安いものですが、莫大な研究開発費用がかかるので、その費用が価格に上乗せされてしまうのです。
ジェネリックは正規品のコピーなので、研究開発にかかる費用は非常に安いものです。
それゆえに1錠200円未満といった格安での販売が可能なのです。

インドに成分特許が存在しないのは、庶民にも薬を安く利用できるようにするためです。
インドは貧富の差が激しく、貧困層の割合も高いのです。
誰もが安く薬を利用できるために、成分特許という概念をなくしているのです。
格安でありながら効果は先発薬と大差がないので、リピーターが非常に多いのも特徴です。

レビトラのジェネリックも、先発薬のレビトラと同じく即効性に優れています。
飲むとすぐに作用してくれるので、お風呂上がりに服用してから前戯を始めて、そのまま挿入することも可能です。
空腹状態のほうが効き目はよく、体調により効果の発現までの時間に差が出ますが、早ければ20分程度でペニスが熱くなるのを実感できます。

レビトラは1日何錠服用すればいい?

レビトラの服用は1日1錠が基本となります。
持続時間は10mgが4~5時間、20mgが8~10時間と異なりますが、いずれも服用後に再服用する場合は24時間以上空ける必要があります。
短時間のうちに連続服用すると、医薬品が吸収されて効果が現れて、体内から排出されるまでのリズムを崩すことになります。
1回服用をすると次回の服用は最短でも24時間後となりますから、原則として1日1回しか服用できません。
服用する錠剤数は1錠が基本であり、10mgで効果が弱いと感じられる場合は20mgを服用します。
10mgを服用後に勃起力が弱いという理由で、追加で服用するのは避けてください。
ED治療薬の健康被害の多くは、間違った服用法により起こっているのです。
医師の指示を守らずに服用して健康を害しても、すべて自己の責任となります。

個人輸入の通販サイトでレビトラを購入する方は、飲みすぎないように注意しましょう。
医師の検査・指導なしで購入できるので、誤った方法で服用してしまう方がいるのです。
沢山飲めば効果が高くなると考えて20mgを2錠飲んでしまう方もいますが、1回分の用量を超えて飲むのは絶対に避けましょう。
ただし、普段20mg錠を飲んでいる方の場合は、錠剤を半分に割って飲んでも特に問題はありません。
効果・副作用が弱くなるだけであり、身体への負担にはならないでしょう。

レビトラの用法・用量については、医師の診断を受けると詳しく教えてくれます。
持病・既往歴なども考慮して用量を決めていくので、最初はクリニックで処方を受けましょう。
レビトラは大量に服用すれば効くとは限りません。
10mgで十分な効果を発揮できる方なら、副作用の強い20mgは必要ありません。
■ED治療薬の初代といえばこれ!
バイアグラは通販で簡単購入