レビトラの正規品を購入する方法とは?

本来レビトラと名称のつくED治療薬は正規品だけなのです。
クリニックでレビトラの処方を受けるときは、確実に正規品だけなので安心できます。
それ以外にはジェネリックがありますが、日本では販売されていません。
購入する方法は個人輸入だけであり、通常の医薬品販売サイトでは取り扱っていません。

正規品とジェネリックについては、ほとんど効果に違いはありません。
目隠しをして服用しても、どちらが本物かわからない方も多いほどです。
ただし、正規品のレビトラとジェネリックだとわかっている状態でどちらかを服用すると、効果の違いを実感する方もいます。
人間の心理として正規品の効果のほうが高いと錯覚してしまうのです。
実際には内容成分は同じなので、目隠しをすれば効果の違いを感じることは難しいです。

ジェネリックのレビトラを購入したい方は個人輸入を利用しましょう。
インド製のジェネリックは成分特許の対象外となるため、製造・販売が可能なのです。
格安で製造ができ、個人輸入で取り寄せた場合は1錠300円程度です。
ジェネリックの種類、購入数により料金は異なりますが、総じてまとめ買いをすると安くなります。
正規品に関してはまとめて購入しても、わずかしか値段は下がりませんが、ジェネリックは半値以下まで安くなることが多いのです。

個人輸入を利用するときは、ニセモノを買わないように注意が必要です。
一部サイトでは偽薬を取り扱っており、EDの治療効果がまったくない薬もあります。
また、バイアグラなどの有効成分を含んだ薬も存在するため、正規品と本物のジェネリックを販売しているサイトであることを確かめてから購入する必要があります。
はじめて利用するサイトからは少量の取り寄せにしておき、効果を実感したら次回からまとめ買いするのがベストです。